ペーパードライバーが車両感覚をつかむ方法

Uncategorized

ペーパードライバーにとって、車両感覚をつかむことは困難を極めます。

立派?な運転音痴である筆者は大変苦戦しました。

車は自分の体よりも大きく、加えて自分は車内にいるのに、どうして車両感覚が分かるのか不思議でなりませんでした。

車両感覚がつかめないまま運転することは大きな恐怖感を伴うのはもちろん、事故の可能性も高くなります。

そのためペーパードライバーを脱するうえでは克服しておきたい大きなポイントです。

筆者もかなり時間はかかりましたが、練習することで片道1時間ほどのドライブには行けるようになりました。

特別なテクニックを期待している方には申し訳ないのですが、コツはとにかく感覚を叩き込むことです。

自分の手や足の感覚を、何かテクニックを使って認識しているわけではないですよね?

無意識のうちに車両感覚が身につくためには、同じ車で何度も練習する必要があると思います。

しかし、どう練習すれば車両感覚が身につくのかが分からないまま練習している方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は筆者に共感してくださる運転音痴の皆さんへ向けて、以下内容を解説します。

  • 車両感覚とはどこの感覚か
  • 車両感覚がないとどのような危険があるか
  • 車両感覚をつかむために、筆者おすすめの練習方法

一人でも多くの方の参考になりますと幸いです。

必要な車両感覚は幅・前後・上下

車両感覚とは以下の感覚のことを示しています。

  • 車の左右幅
  • 車の前後幅
  • 車の上下幅

各感覚が備わっていないとあらゆる場面で接触・衝突の危機が訪れます。

車の左右幅をとらえてすれ違い時の接触防止

車の左右幅がつかめると、狭い道でのすれ違いも安心して行えます。

筆者も含めてペーパードライバーさんは、左側(助手席側)の感覚がつかめないことが多いです。

運転席側から離れているので、分かりにくいんですよね。

そうすると左側に寄れず中央線に近づいてしまうため、対向車からすれば恐怖の対象になってしまいます。

慣れないうちは、広い道でサイドミラーを確認しながら車両感覚を身に着けましょう。

車の前後をとらえて衝突防止

車の前後幅の感覚は、前方の車との衝突やバック時に障害物と接触するのを防ぐのに重要です。

公道を走ると前後に車があり、それぞれ一定の間隔で走行・停車しています。

渋滞時は車間距離が短くなるため、追突事故のリスクが高まるもの。

車体の前方がどこまであるのか把握していなければ尚更、追突リスクは高まります。

また駐車の際などバックしたときに、死角が多い車体後方をぶつけてしまう可能性もあります。

この場合も、車体後方を把握していなければ衝突リスクが高いです。

上下感覚は狭い立体駐車場で注意

ベテランドライバーでも盲点となりやすいのが、車の上下の感覚です。

天井が狭い立体駐車場などに停車する際に、車体上部をイメージできていないと傷がついてしまいます。

普段の走行では意識しにくいですが、天井が低い場所では注意しましょう。

いったん車から降りて目視で確認することも大切です。

また、アンテナをたたむことで入れる場所もあります。

車両感覚がないと事故ります

車両感覚はなぜ重要か。

それは事故を起こさないためには必須の感覚だからです。

私が車両感覚がないために苦労したのは、主に以下の場面でした。

  • 商店街等狭い道の走行
  • 駐車時
  • 自転車が車両横を走っているとき

商店街は危険がいっぱい

商店街は初心者が車で行く道ではありません。

情報量が多すぎます。

  • 対向車
  • 歩行者
  • 自転車

対向車と安全にすれ違える場所はどこか、歩行者や自転車を巻き込む可能性はないかなど気に掛けなければいけないことが非常に多いのです。

また一方通行規制の道も多く、標識を見落とすと道路交通法違反になってしまいます。

なるべく避けたい商店街ですが、目的地の通過点である・道迷ったなど通らなければいけないこともあり、事故のリスクが増すのです。

駐車はパニック

車両感覚がないと確実に駐車でパニックを起こすでしょう。

駐車には以下の技術が必要です。

  • 決められた空間の中に車を納める
  • バックしながら車を動かす
  • 左右、前後の障害物に注意する

これらを車両感覚が身についていない状態でこなすことは困難です。

車が意図しない方向に動いて、泣きながら運転した日々を思い出します……。

自転車が抜けない

車両感覚が身についていないと、狭い道路上でいつまでも自転車を抜けずに、後方車から相当なプレッシャーを感じることになります。

自転車からも不審者を見る目で見られるでしょう。

後ろから車がついてきたら怖いですよね……。

もちろん、道が狭くて対向車も来ていて……という状況で無理に抜く必要はありません。

しかし、対向車がいなくて自転車を抜ける道幅が確保されているならば、抜いていくのが走行上スムーズです。

車両感覚のないペーパードライバーは、自転車とどれくらい間隔が空いているかがつかめないため、

すり抜けることができないのです。

私が車両感覚を身に着けた方法

以上のエピソードから私の運転音痴ぶりが伝わったでしょうか?

そんな私が効果があったと思う、車両感覚の練習方法は以下の3つです。

  • ミラーの見方に慣れる
  • コーンにぶち当たる
  • タイヤの位置をイメージする

ミラーの見方に慣れる

車には死角がたくさんあるので、ミラーを用いて位置を確認します。

車にはサイドミラーとバックミラーがついていますが、筆者はサイドミラーの見方に苦戦するしました

運転席の位置や車高によって見え方が変わるので調整が必要なのはもちろんですが、距離感がつかみにくいと感じたことはありませんか?

私はサイドミラーを見ても距離感が分からず、信じられずにいました。(笑)

サイドミラーには物体と車体の一部が写っているのですが、それを見ても障害物に近いのか・どれくらい余裕があるのか判断できないのです。

また車を動かすと、目印としてサイドミラーで確認していた物体に車体が重なりよく見えなくなり、さらに混乱していました。

そんな私もだんだんとサイドミラーを使えるようになってきたのは、見え方に慣れたからです。

サイドミラー上の見え方がどのくらいだと、ちょうどいい位置なのかが分かるようになったのだと思います。

コーンにぶち当たる

よく駐車場に置いてあるカラーコーンは、車体感覚をつかむのに便利なアイテムです。

私は駐車の練習の際に、隣の車を想定して四隅に配置し、何度もぶつかることでいつのまにか感覚がつかめていました。

センスの良い方はすぐにこの感覚がつかめると思うのですが、私は半年ほど毎週早朝の公園で練習していました……。

先述のミラーの見方も、カラーコーンをルームミラーで確認しながら行うことで、位置関係が分かってきます。

ネットや100円ショップで手に入るので是非試してみてください。

ぶつかりやすいように、大きいものがおすすめです。

タイヤの位置を理解する

タイヤの位置がつかめると、だいぶ車体感覚がつかめます。

自分がのっている運転席近くのタイヤはイメージできても、左側や後方のタイヤの位置をイメージするのは難しくないでしょうか?

4輪の感覚がないと、まるで宙に浮いて運転しているような、何とも心もとない感覚に襲われます!

この感覚をつかむために私がしたことは、外側からタイヤの位置を確認し、イメージしながら車の前進と後進を繰り返すことです。

よく助手席の位置に左タイヤ・後部座席シートに後方タイヤと言われていますが、車ごとに正確に位置を把握しましょう。

そのために、外側からタイヤ位置を見て、車内のどこにあたるのかを確認します。

タイヤ位置をイメージしながらひたすら車を動かす……。

感覚だけに集中するために、前進・後進だけなど単純な動きを繰り返すことをおすすめします。

まとめ

  • ペーパードライバーを脱するには車両感覚をつかむことが重要
  • 車両感覚がなければ、狭い道の通り抜けや駐車などで事故を起こす可能性が高い
  • ミラーの見方やタイヤの位置感覚をつかむことで、車両感覚がついていく

運転音痴なほど、車両感覚をつかむには時間がかかります。

しかしイメージしながら回数をこなすことで、着実に車両感覚をつかむことができるのです。

あきらめずに、一緒に練習してみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました